IE8 に関するコーディング関連のまとめ

主に自分のための情報ですが、あちこちに書き留めていたのでまとめて公開しておきます。間違いなどがありましたら、ご指摘お願いします。

IE8 基本情報

IE8 にはレンダリングモードが複数ある。詳細は以下のサイトを参照。

少し古い情報ですが、以下サイトも参考になりました。

あまり気にする必要はなさそうですが、以下の点も一応知っておく方がよいかと思います。※主に JavaScript 関連で違いがあるようです。

meta タグによるモードの指定方法

表 1 Internet Explorer 8 の互換モード

互換モード値 レンダリング動作
IE=5 Quirks (クワークス) モード
IE=7 Internet Explorer 7 標準準拠モード
IE=EmulateIE7

!DOCTYPE 宣言によりモードが決定されます

  • Quirks モード の !DOCTYPE 宣言の場合は Quirks モード
  • 標準モードの !DOCTYPE 宣言の場合は Internet Explorer 7 標準準拠モード
IE=8 Internet Explorer 8 標準モード
IE=EmulateIE8

!DOCTYPE 宣言によりモードが決定されます

  • Quirks モード の !DOCTYPE 宣言の場合は Quirks モード
  • 標準モードの!DOCTYPE 宣言の場合は Internet Explorer 8 標準モード
IE=edge Internet Explorer 8 と将来のすべてのバージョンのブラウザーがサポートする最新の標準を使用。実稼働サイトには非推奨

Internet Explorer 8 開発者向け技術概要より引用』

よく使うようなものだけリストアップします。

<!-- IE8標準準拠モードを指定 -->
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">

<!-- IE7標準準拠モードを指定 -->
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=7">

<!-- Quirksモードを指定 -->
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=5">

<!-- 最新の標準準拠モードを指定 (IE8が最新バージョンの場合なら、IE8標準準拠モードとなる) -->
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">

複数のバージョンを指定した場合については、後述。

各モードの内容

IE8モード
CSS 2.1やSelectors APIなど、Web標準を強く意識したモード。
IE7モード
IE7の標準準拠モードと同じ
IE5モード
IE7やIE6の互換モードと同じ

その他モードについては、最初にあげたサイトなどを参照。

モードの複数指定をおこなった場合

meta スイッチには、下記のように複数のレンダリングモードを指定することが可能。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=7; IE=9">

metaスイッチをサポートする今後のIEは、指定される値の中から、一番適したモードを選択します。上記の例ではIE7モードとIE9モードを選択していますが、IE8でその文書を表示させると、IE8モードではなくIE7モードでレンダリングすることになります。

IE8のモードスイッチ | Web標準Blog | ミツエーリンクスより引用』

今のところ、一番多く使うのは IE7 モード指定でしょうか。あまり使わない方が良いのかもしれませんが、保守サイトなどが IE8 で見ておかしい場合などの対応には手軽です。

HTML 5 自分用メモ

【特集】詳解! HTML 5と関連APIの最新動向 – 新タグ&API編 (2) HTML 5マークアップについての簡易リファレンス | エンタープライズ | マイコミジャーナル

上記記事の内容は、以下の通り。
(1) はじめに – 本特集の趣旨
(2) HTML 5マークアップについての簡易リファレンス
(3) Video/Audio要素とそのAPI
(4) Canvasタグ
(5) 大幅に強化されたフォーム要素
(6) アウトラインを意識したマークアップ
(7) ドラッグ&ドロップAPI

時間があるときにゆっくり読むためにメモ。

IE8

IE8 のことを知るためには以下を一読。

現時点で Dojo Toolkit が IE8 で上手く動いていません。次の Dojo の ver UP で直されそうなのでに期待。

ライブラリが動かない等、過去に制作したサイトが崩れたり問題が起きている場合、レンダリングモードを変更して過去の IE 互換レンダリングで表示させておくことが必要。

IE8 にはレンダリングモードが複数あります。詳細は以下のサイトで。

1 年弱前の記事ですが、こちらも参考になりました。

ただ、IE8 の互換モードと IE7 は全く同じではないということで、そのあたりも注意が必要ですね。

正直レンダリングモードが複雑化しすぎている気がします。せっかく「 hasLayout から IE8 で逃れられた!(= IE の面倒なモノはなくなった!)」と思ったのになぁ。まだ面倒ですね。
とりあえず、「Internet Explorer 8 開発者向け技術概要」を片手にがんばります。

HTML5

以前 HTML5 メモ | Numb. という記事を書きましたが、最近 HTML5 を利用したサイトもぱらぱらと出てきたようなので改めて参考サイトなどをメモ。現在はまだ策定中の仕様なので、仕事で使うのは仕様が固まる来年 2010 年以降だと思いますが、そろそろ覚え出したいな。

HTML5 利用サイト

HTML5 利用サイトを見てると、そう遠い技術ではないんだなぁと改めて思いました。

HTML5 を知るには以下のサイトを

上記にもあげた IBM の「HTML 5 の新要素」が、現在のマークアップと HTML5 でのマークアップを見比べやすいです。

HTML5 でサンプルとかも作りたいなあ。

以下、090628 追記
「仕様が固まる来年 2010 年以降」と書いたところの補足。

ウェブ関連技術の標準化団体「W3C」(World Wide Web Consortium)が「HTML5」の策定に向けて活動を本格化しました。1月22日には「HTML5」の最初の草案を公開。2010年9月に正式な勧告としてリリースする予定だと発表しました。

HTML5が持つ本当の意味 - @ITより引用』

2010年9月に正式な勧告としてリリースする予定、これは遅れるかもしれないし、予定通りかもしれないですが、どっちにしても正式な勧告が来てから実務では使うことになるかな。