Windows で .vimrc を github にあげて管理しようと思ってハマった

前は手軽さから gist に .vimrc と .gvimrc をアップしてました。が、最近「やっぱ github にあげたほうが楽なんじゃ」と思ってきて、いざやろうとしたら色々はまったのでメモ。

.vimrc と .gvimrc の場所

私は D:\tool\vim 内に .vimrc と .gvimrc を入れていました。理由は vim フォルダだけコピーすれば Vim 関連が丸ごと楽にバックアップできたからです。Vim のプラグイン管理を neobundle.vim で行うようになったのもあり、今となっては vim フォルダにまとめる意味もあんまりないのでこれは変えても良いんですけどなんとなく。

ローカルリポジトリの場所

どこでもいいのですが、私は ~/dotfiles/ を dotfiles のローカルリポジトリとしました。
※「~」はユーザーディレクトリです。Windouws7 だと「D:\Users\ユーザー名」になると思います。
“Windows で .vimrc を github にあげて管理しようと思ってハマった” の続きを読む

Vim のプラグインを neobundle で行うように変更&プラグインも見直し

Vim のプラグイン管理を neobundle.vim で行うように変更し、ついでにプラグインも色々見直しました。neobundle.vim 便利!

今まで入れていたものと、今回どうしたかリスト

gVim プラグインの整理。×削除 ?保留 ○入れた △手動で入れた(.bundle_manual)
リストアップしてる名前は、pathogen でプラグイン管理してたときのフォルダ名です。
“Vim のプラグインを neobundle で行うように変更&プラグインも見直し” の続きを読む

zencoding v0.7 Wrap With Abbreviation メモ

aaaaaa
bbbbbbbbb
ccccccccc

例1. 三行選択して、li*>a[href=”$#.jpg”]{ファイル名:$#}

  • ファイル名:aaaaaa
  • ファイル名:bbbbbbbbb
  • ファイル名:ccccccccc
  • 例2. 三行選択して、html:5>ul.hoge>li#0$*>a[href=”#$#”]{$#}

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

    vim でも dreamweaver でも。「$#」が選択部分、「$」は連番なので、#$# としてたら #選択部分 に。

    参考:Big Sky :: zencoding-vimを少しだけversion0.7対応した

    vim で利用中の plugin 201108 版

    vim を入れ直して、plugin など色々見直したのでメモ。
    Kaoriya 版 vim 7.3 を入れたら、plugins ディレクトリ内に plugin ごとにディレクトリを作って入れても OK になってたので、同機能を提供する pathogen.vim は削除。

    その他、入れたもの。個人的な重要度、使用頻度、ないと困る具合で分けてみました。ちなみに私が行うことは HTML,CSS を書く>超えられないかべ>その他プログラムを書く、です。 “vim で利用中の plugin 201108 版” の続きを読む