Vagrant + VirtualBox + Ansinble で MT を使えるようにする

2015/08/09追記
Vagrant + VirtualBox + Ansinble で MT を使えるようにする ver2 を書きました。

Vagrant + WordPress だったら VCCW がありますが、MovableType の場合は良く分からなかったので自分でごりごり入れました。Ansible という Python で書かれた構成管理ツールがイケテルらしいという噂なので使ってみました。

  1. Vagrant と VirtualBox をインストールする
  2. Vagrant に box を追加する
  3. Vagrant 用にフォルダ作成して init
  4. Vagrantfile を編集する
  5. Vagrant を起動する
  6. Ansible をインストール
  7. SSH 接続の設定をする
  8. Ansible の設定ファイルを編集
  9. Ansible の playbook を作る
  10. CGI を実行可能にする
  11. Apache ドキュメントルートを共有フォルダに
  12. MT の設置
  13. 躓いたところ
  14. 参考にしたサイトなど

Vagrant と VirtualBox をインストールする

インストーラーなどで適宜入れておく。 “Vagrant + VirtualBox + Ansinble で MT を使えるようにする” の続きを読む

t1.micro から t2.microへ 移行しました(AMIMOTO)

t2.micro が少し前に出てなかなか良さそうだったので、このサイトでも利用している網元の対応版が利用可能になるのを待っていました。昨日、T2 ファミリーに対応した網元が利用可能になったとの発表があったので、早速試してみました。

2014年7月17日(米国時間)より、T2ファミリーに対応した網元AMI「WordPress powered by AMIMOTO (HVM)」をご利用いただけるようになりました。

T2ファミリー対応網元AMI「WordPress powered by AMIMOTO (HVM)」をリリースしました! | 超高速 WordPress AMI 網元』より引用

移行手順は、下記にまとまってますので見ながら作業しました。最初この記事に気づかないでゴリゴリ自力でやりかけたのは内緒だよ。

作業手順&つまづいた点

AMIMOTO (PVM版)からAMIMOTO (HVM版)へのインスタンス移行方法 | 超高速 WordPress AMI 網元 の一番最初である「1. AMIMOTO (HVM版)でインスタンスを作成」をやろうとして、しょっぱなからつまづきました。WordPress powered by AMIMOTO (HVM) on AWS Marketplace から進んだ Launch on EC2 の画面で、人によっては下図のように「EC2 Instance Type」に t2.micro などが出てきません。 “t1.micro から t2.microへ 移行しました(AMIMOTO)” の続きを読む

VCCW を Windows 環境で使う

vccw

みやさんの「WordPressのプラグインやテーマ、ウェブサイトの開発に超便利なVagrantつくりました。 | firegoby」を読んで Windows 環境で試したのが確か 2013 年の 10 月頃。wp-cli がプリインストールだったりステキだーと思ってなんとか動かそうと試行錯誤したものの、そのときはうまく動かすことができずそのままに。Mac ではスンナリ動いたのですが、メインマシンが Windows という哀しみを背負い……。

Vagrant もバージョンアップしているし、VCCW も開発続けられているので、あれから時間もあいたところで再チャレンジしてみました。

結果を先に書くと、無事動かすことができましたー! ヤッター!! 分かってはいたものの、VirtualBox などの仮想マシン+Vagrant は使ってみると「うわああ便利、なんだこれー」となりますね、テンションあがります。

以下、その作業ログや感想です。 “VCCW を Windows 環境で使う” の続きを読む

MT6 の TinyMCE で絵文字を使えるようにするプラグインを作りました

MovableType 6 の TinyMCE で絵文字を使えるようにするプラグインを作りました。

hibiki/EmojiForTinyMCE · GitHub

他の絵文字プラグインが使えなくなってしまっていたので、それじゃあ自分で作るかーと思って作った感じです。TinyMCE の emotions プラグインをベースにして、Six Apart 絵文字 | Six Apart を使えるようにしました。

使い方

button

プラグインを追加すると TinyMCE のツールバーにスマイルマークのアイコンが追加されます。 “MT6 の TinyMCE で絵文字を使えるようにするプラグインを作りました” の続きを読む