GR DIGITAL IV を買いました

gr-digital-4

GR DIGITAL IV を買いました。軽い! GR と GR DIGITAL IV で悩んだ末、GR DIGITAL IV のほうを購入しました。概ね満足です。D7000 と PEN EP2 を持っていて、D7000 に比べると PEN も相当軽いんですが、それでもまだ大きいし重くて。日常用に軽いの欲しいなーと思い。ノート PC と一緒に持ち歩いて苦じゃないぐらいのが欲しかったんです。 “GR DIGITAL IV を買いました” の続きを読む

RAW(DNG、NEF)コーデックと、DNG への変換

写真を RAW 形式で撮っていて、形式について調べてたら色々知らないことがあったのでメモ。

RAW には各メーカーごとに種類があるようですが、共通規格にしようぜと DNG という規格を Adobe が出しています(wikipedia によると DNG はあんまり広まっていないようですが)。

デジタルカメラで撮影されたRAWファイル用のアーカイブ形式として一般に公開されているDigital Negative(DNG)です。DNGは様々な機種のカメラで撮影されるRAWファイルのオープンスタンダードとして登場しました。

Camera raw、DNG : Digital Negative(DNG) | Adobe Photoshop CC』より引用

RICOH の GR はこの DNG で RAW を保存します。Windows7 用に Adobe が DNG Codec を出しており、これを入れるとエクスプローラーでサムネイル表示が可能になるらしいと知って、いいなあと。

でもニコン D7000 で撮った RAW は DNG じゃないんだよなー、と思っていたら、各種デジタルカメラの RAW を DNG に変換するコンバーターもありました。 “RAW(DNG、NEF)コーデックと、DNG への変換” の続きを読む

Grunt のプラグインを最新で入れる

Grunt のプラグインを最新版で入れたいときは、--save-devnpm install でいいけれど、複数あると面倒だからバッチファイルにしておくことにした。(もっといい方法があるんだろうか……)

npm install ^
grunt-contrib-cssmin ^
grunt-contrib-sass ^
grunt-contrib-compass ^
grunt-contrib-watch ^
grunt-contrib-uglify ^
grunt-regarde ^
grunt-contrib-connect ^
grunt-contrib-livereload ^
--save-dev

「^」をつけると次の行も一行として扱ってくれる。そのまま任意の場所で改行すると別のコマンド扱いされてしまうので「^」をつけておく。この方が見やすいのでこんなかんじに。

grunto-regarde 使っているので grunt-contrib-watch はいらない感じなんだけど、一応なんとなく入れてしまっている。そういえば grunt-contrib-compass でコンパイルしてるから grunt-contrib-sass も使ってないや……。
このあたりもう少しバシッと、そのうち詰めたい。