Dreamweaver CS5 に拡張機能を入れる際にエラーがでたら

DW CS5 に入れたい拡張が何個かあったのですが、先日入れようとしたら「メニューを更新できませんでした」とエラーが出てしまって入れられず。

調べたところ、ショートカットを設定したり変更していると出るようです。私は特にショートカットの設定を変えた記憶もなかったので不思議なのですが…。

あれこれ試しているうちに DW で一切ショートカットが効かなくなり、なんかもうどうしたらいいのやらという状態になったので一度アンインストールして、再度インストール。

懲りずに今日、また拡張機能を入れてみました。
前回同様「メニューを更新できませんでした」とエラーが出てしまって入れられなかったので、以下のように。

XP
C:\Documents and Settings\userName\Application Data\Adobe\Dreamweaver CS5\ja_JP\Configuration\Menus

Win7
C:\Users\userName\AppData\Roaming\Adobe\Dreamweaver CS5\ja_JP\Configuration\Menus

内にある、「Menus.xml」と「Menus.xbk」をバックアップを取って削除。
※変更したショートカットなどがある場合、消えるので再設定が必要なようです。
 ↓
拡張機能をインストール。

先日はあんなに上手くいかなかったのに、今回はあっさりと成功しました。前回はなんだったのか…DW が不安定になっている中で色々したのがダメだったのかもしれません。

とりあえず上手く入ったので良かったです。
入れた拡張機能は、以下の 3 つ。

Vim にも zen-coding を入れてたので、DW にも入れたかったんです。嬉しい。
ちなみに、DW に入れた zen-coding は 0.6 のものです。

C:\Documents and Settings\userName\Application Data\Adobe\Dreamweaver CS5\ja_JP\Configuration\Commands\ZenCoding
内にある「zen_settings.js」を開いて、最初にある lang 設定などを書き換えておくと良いです。

	'variables': {
		'lang': 'ja',
		'locale': 'ja-JP',
		'charset': 'UTF-8',
		'profile': 'xhtml',

本当は、DW のエディタ部分が Vim だったらいいんだけどな~…などと思いますが、ニッチすぎるかな。連番にしたいときなど、凄く Vim ならば…と思ったりしてしまいます。

最近 DW から Subversion を利用しているので、Vim より DW を使うことが増えました。ここに来て、DW に戻ってます。なんだかんだ、HTML 特化してるのは便利ですね。

表示確認用ローカルサーバの Virtual Hosts ( Apache ) 設定

ローカルサーバー構築 ( Apache, Perl, PHP, MySQL ) 」で、ローカルサーバをたてる方法を書きましたが、今回はその補足として。実際に使う場合に便利な Virtual Hosts の設定。色々試して、現在こんな形でやっています。

httpd.conf

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf 内
httpd.conf

#Listen 12.34.56.78:80
Listen 80
Listen 8080
Listen 8000

8080 と 8000 も使えるように。

# Virtual hosts
Include conf/extra/httpd-vhosts.conf

Vitual hosts の設定ファイル httpd-vhosts.conf を読み込むように。

httpd-vhosts.conf

C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\conf\extra 内
httpd-vhosts.conf

#
# Use name-based virtual hosting.
#
NameVirtualHost *:8080
NameVirtualHost *:8000
<VirtualHost *:8080>
    ServerAdmin test@test.com
    DocumentRoot "C:\work\UserVirtual8080\htdocs"
    ServerName localhost:8080
    AddHandler cgi-script .cgi .pl

    <Directory "C:\work\UserVirtual8080\htdocs">
        Options Includes ExecCGI FollowSymLinks
        AllowOverride All
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>
    ErrorLog "logs/localhost-error.log"
    CustomLog "logs/localhost-access.log" common
</VirtualHost>

<VirtualHost *:8000>
    ServerAdmin test@test.com
    DocumentRoot "C:\work\UserVirtual8000"
    ServerName localhost:8000
    AddHandler cgi-script .cgi .pl

    <Directory "C:\work\UserVirtual8000">
        Options Includes ExecCGI FollowSymLinks
        AllowOverride All
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>
    ErrorLog "logs/localhost-error.log"
    CustomLog "logs/localhost-access.log" common
</VirtualHost>

UserVirtual8000 内の任意名のディレクトリ(例、hoge)が、http://localhost:8000/hoge/ でみれて、UserVirtual8080 内の htdocs が http://localhost:8080/ でみれるように。

本番環境にあわせ、普段は 8080 のほうを利用。
本番環境で http://xxx.com/hoge/ のような URL がトップの場合は、8000 のほうを利用。

8080 内の htdocs は、作るサイトが変わるたびにそこに html 等のコーディングデータを入れ替えておいてもいいですが、私の場合、プロジェクトごとにフォルダは掘っておきたいなという気持ちがあるので以下のようにしています。

「プロジェクト名ディレクトリ」の中に「htdocs」ディレクトリを作成(例:C:\work\プロジェクトA\htdocs)。その htdocs のジャンクションを、UserVirtual8000 内に作成。

ジャンクション作成には、以下のリンク作成シェル拡張を使ってます。楽です。

例でいうと、C:\work\プロジェクトA 内の htdocs を右クリックして C:\work\UserVirtual8000 内にドラッグアンドドロップすると、右クリックなのでメニューがでます。その中の、「ディレクトリジャンクションをここに作成」を選択。

これで、C:\work\プロジェクトA\htdocs と、C:\work\UserVirtual8000\htdocs が同じ内容になり、C:\work\プロジェクトA\htdocs 内を変更すれば C:\work\UserVirtual8000\htdocs 内も変更されます。ジャンクションについてはここでは説明しませんが、実体丸ごとのリンク、みたいなイメージです。

参考:WindowsXPにおけるジャンクション作成方法 – GeekなNooblog

こうすることで、プロジェクトを切り替えるたびにジャンクションを変えるだけで済みます。httpd-vhosts.conf を書き換えるより楽なのでこうしてます。

「もっとこうしたほうが良いよ!」とか「こういう設定オススメだよ!」とか「こういう方法もいいよ!」等あれば、是非教えてください :)