WP-Plugin 色々追加

年末になって少しまとまった時間が取れたので、WordPress を久々にいじってます :)
新たにいくつかプラグインを入れました。

WPtouch

これまでは「うちのサイトを携帯で見る人はいないだろう」となんとなく思っていて、モバイル対応は考えていませんでした。ちょっと前に iPhone を購入してから、モバイル環境でサイトを見ることが増えて「iPhone 用に最適化してあるサイトいい!」と思ったので「WPtouch」を導入。

iPhone で見る際に自動で theme を変えて最適化してくれます。高機能で割と良い感じに動いてくれています。このプラグインを利用しているサイトは見た目が全部一緒になってしまうのだけが難点かな?

普通の携帯にも対応させるかは、考え中。うちのようなコードが多いサイトって、iPhone や Android ならばまだ見るかもしれませんが、普通のガラパゴス携帯に対応させても、見にくいし内容的にどうなのだろう…

余談ですが、iPhone に対応させているうちに、「携帯から更新できるようにこれを機にしてみようかな?」と、ちょっと興味が沸いたり。これまでは興味がなかったのですが、モバイルからの WP も結構楽しいかも…!

WordPress Exploit Scanner

次に、「WordPress Exploit Scanner」。

もしあなたのサイトが最近攻撃されたと思われる場合、すべての問題点をしっかり修正した上で、WordPress Exploit Scanner(WordPress 脆弱性 スキャナー)を利用されるのをお勧めします。このプラグインはサイト上のファイル、データベースの投稿・コメントテーブルをスキャンし、不審なものを発見してくれます。また、有効化しているプラグイン中におかしなファイル名のファイルがないかもチェックします。

WordPress | 日本語 » WordPress 2.8.5: 強化リリースより引用』

これはセキュリティ目的です。別段改ざんされたり攻撃されたりした形跡はなかったのですが、念のためにチェックしてみたくて入れました。

日本語版用に、「WordPress › フォーラム » WordPress 日本語版用 Exploit Scanner ハッシュファイル」からハッシュファイルをダウンロードして差し替えました。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress

「WordPress に入れるべきプラグイン!○個」など、お勧めプラグインをまとめたエントリに必ずといって良いほど入っている「Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress」をやっと入れました。

「えっ、未だに入れてなかったの!?」と思われそうですが、『プラグインが増える=重い』という式が頭にあり「なんとなく負荷が高そうだし重くなったら嫌だしなー、別に入れなくてもそこそこクロールされてるし、なくてもいいかなー」と思って入れてなかったんです。

今回、WP 弄りの楽しさの勢い+時間があった、ということで試しに入れてみました。気にしていたような負荷は感じず、問題なさそうです。杞憂でした。ただ記事を投稿しても、サイトマップが自動で更新されていないような…?今 wp-cron がうまく動いていないらしい(※下の引用を参照)ので、そのためかもしれません。

残念なことに、先日の 2.9 リリースと一部のバージョンの PHP 組み合わせで cURL 拡張に関するバグが起こることが判明しました。該当するバージョンの cURL では、予約投稿およびピンバックが正しく処理されません。

WordPress | 日本語 » WordPress 2.9.1 ベータ 1より引用』

とりあえず、wp-cron が直るまでは記事を投稿したら手動でサイトマップを生成しなおして様子見。どうにもならなそうだったらサーバー側の cron で対応することを検討します。

ところでこのプラグインの導入時、説明をしっかり読まず使おうとしたらエラーが出てサイトマップが生成されず、少しだけ躓きました。ちょっと調べたら「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」の空ファイルをアップしていなかったためだと判明。

説明通りに空ファイルをアップしてパーミッションを 666 に設定したらちゃんとエラーが消え動きました。ちゃんと説明読まないとダメですねー@@ 書いておかないと忘れてしまいそうなのでメモ。

参考:WordPressのプラグイン:Google Sitemap Generator | コリス

Custom Field GUI Utility

カスタムフィールドを使ってちょっと試したいことがあって、カスタムフィールドを使いやすくする「Custom Field GUI Utility」を入れました。

まだ使い込んでないんですが、日本語インターフェースに安心しますw

おわり

追加したものは以上です。
しばらくぶりにあれこれやってますが、楽しいですねー!WP の醍醐味を思い出しましたw

今年もあとわずかですね~。
[トラックバック企画] みんなのお家のお雑煮見せて! – Odysseygate.com に参加するぞ~!

ノート PC いいなあ

ネットブックがやってきた! – MMRT daily life を見ていたら、だんだんとノート PC 欲しい熱が再燃してしまいました。

価格.com 見ながら、良いなあと思ったのは Acer の AS1410。色々なレビューも読んだけど、私の使用目的だとこのあたりがいいなあ。
使用頻度と必要度とお財布と相談してもう少し検討。

wp-hatena 拡張版 はてブ被リンク数表示バージョン

最新版は下記の場所にありますのでご確認ください。
WordPress Plugins/JSeries » wp-hatena 拡張版

wp-hatena 拡張版に、はてブ被リンク数表示バージョンを追加しました。
「合計 10 個の SBS + はてブ被リンク数」を表示することができます。

なにができるの?

hatebulink

この画像の、右端にあるような「はてなブックマーク被リンク数」を表示できるようになりました。
表示できるモノは以下の通りです。

  • はてブ
  • del.icio.us
  • Livedoorクリップ
  • Yahoo!ブックマーク
  • FC2ブックマーク
  • ニフティクリップ
  • POOKMARK Airlines
  • Buzzurl
  • Choix
  • newsing
  • はてブ被リンク数 New!!今回追加

ダウンロード

[nice_download]download
wp-hatena-0.93j-ino0.4.zip
[/nice_download]

現時点では _blank でリンク先が開くバージョンのみです。もし要望があれば、_blank で開かないバージョンも作るかもしれません。
2010.07.16 アーカイブを lzh から zip に変更

設定

使い方は本家 wp-hatena と全く同じです。

表示させたいテンプレートに以下の内容を書くことで表示されます。
不要なものは一行まるごと削除で出力しないことも可能です。

<?php if(isset($wph)) {
	$wph->addHatena();
	$wph->adddelicious();
	$wph->addLivedoor();
	$wph->addYahoo();
	$wph->addFC2();
	$wph->addNifty();
	$wph->addPOOKMARK();
	$wph->addBuzzurl();
	$wph->addChoix();
	$wph->addnewsing();
	$wph->addHatenaCount();
}?>

※上記内容で、拡張バージョンで対応しているすべてが表示されます。

$wph->addHatenaCount();

ちなみに上記部分が、はてブ被リンク数表示の指定です。

参考

はてブ被リンク数の表示は、「ブックマーク数を画像で取得するAPI」を利用しています。

よろしければお使いください :)

FirefoxPortable をレジストリに

Win+R で「ファイル名を指定して実行」に firefox と入力して起動させたり、vim から起動させたり、ということがしたい場合レジストリの App Path にソフトを登録しておく必要があります。

普通の Firefox だとインストール時に設定されると思うのですが、最近 FirefoxPortable を利用していて OS を入れ替えても再インストールせずにフォルダごと移動させていたりするので App Path に登録するのは手動でやっています。

面倒なので、hoge.reg を作ってレジストリに追加するようにしました。
@ は規定値を意味しています。

REGEDIT4

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\firefox.exe]
@="D:\\FirefoxPortable\\FirefoxPortable.exe"
"Path"="D:\\FirefoxPortable"

参考: