デザイン変更 etc

デザインを変更しました。vicuna CMS をベースにちょっとカスタマイズしてます。
元々は凄くシンプルなデザインのテンプレートだったので、famfamfam silk icon のアイコンを数カ所追加してみました。
あと、デザインの細かいところを自分好みに CSS を編集。ちなみにトップの偽羽の写真は、昔自分で撮ったものだったりします。
割とお気に入りです。

これを機に、以前から気になっていた WordPress プラグインの Related Post も入れてみました。
これは関連記事を表示するためのプラグインです。

プラグインのページから簡単に導入することができなかったので、

hyperpup » Related Posts
を参考にさせていただいてデータベースを弄って設定。
少し躓いたので、そこのところを書いておきます。

phpmyadmin > 自分の WP のデータベース > SQL ページ、と行って

ALTER TABLE `wp_posts` ADD FULLTEXT `post_related` (
`post_name` ,
`post_content`
)

と入力して実行・・とあったのですが、最初なぜかエラー。

よく見てみると「wp_posts」という文字。「wp_」というのはデフォルトから弄らず WP を入れた場合の接頭語。
私は接頭語を変えて DB を作っていたので、そのせいでした :oops:
そんなミスもしつつ、自分のデータベースの接頭語に変更して実行して、完了!

あとは、画像を表示させるエフェクトを LightBox プラグインから LiteBox に変更してみました。
そしたら、な、なんか、とっても軽い…?すごい効果!もっと早く変えれば良かったかな~、と思いました!
LightBox はカナーリ重かったんだなぁと実感しました…。

他にも小さなプラグインを数個設定して、使っていないものは外しました。
心残りは UltimateTagWarrior が使えていないこと。
ちょっとデザインとの調整が納得いくモノにできなかったので、外してあります。
記事の詳細ページでのみ表示させるほうがすっきりしてイイのかな…。

以下、テンプレートの指定関連

☆IE 6 でみると少しズレが生じるようだったので、CSS を修正。

覚え書き

* html div#header,
* html div#content,
* html div#header {
	width: 812px!important;
}

を 3-layout.css に追記。他固定幅に修正。

☆font 指定

font-family: Verdana, Arial, Helvetica, "メイリオ", Meiryo, "MS Pゴシック", "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Hiragino Kaku Gothic Pro", sans-serif;

としました。

フォントの指定する順番は、つい最近行っていた案件で悩んで出した結論、今だとこんなかんじが良いのではと思ってます。
Mac でも Win でも、入っているフォントが色々とあっても、ブラウザが色々でも、これだと中々綺麗に行くはず。

唯一問題は、Office を入れた Mac には「MS Pゴシック」が入っていることがあり、その場合「ヒラギノ角ゴ Pro W3」より「MS Pゴシック」のほうが優先されてしまうこと。
避けるために、「ヒラギノ角ゴ Pro W3」を「MS Pゴシック」の後ろにしてあげるのもアリだと思います。

こんなかんじで。

font-family: Verdana, Arial, Helvetica, "メイリオ", Meiryo, "ヒラギノ角ゴ Pro W3", "Hiragino Kaku Gothic Pro", "MS Pゴシック", sans-serif;

ただこの場合、Win に「ヒラギノ角ゴ Pro W3」を入れている環境で「メイリオ」が入っていない環境で「ヒラギノ角ゴ Pro W3」で表示されてしまいます。
これがすっごくぎざぎざが目立って汚いんですよね。Mac だと綺麗に見えるんだけど、Win では「ヒラギノ角ゴ Pro W3」で表示されると酷い気がします。
「ヒラギノ角ゴ Pro W3」を Win に入れてる人はクリエイター系の限られた一部の人だけかもしれないんですが、うーん、難しいところですね~。