AHK で foobar2000 を操作

別のアプリケーションを操作中でも、特定のキーで f2k の play , stop , pause ..等を行うための AHK です。わざわざ f2k を全面に持ってこなくてもいいので作業中「ウィンドウ切り替えたくないけど次の曲に飛ばしたいな・・・」という時なんかに幸せになれます。

foobar2000 [Win] + [Alt] + [p/n/b/Space/s/q]

「D:\foobar2000\foobar2000.exe」と書いてある部分を、自分の foobar2000 のインストール場所に書き換えて使用。
力業でゴリゴリ書いたんで、違う環境でもちゃんと動くかは不明。

;=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
; 変数
;=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
;foobar2000 のインストールディレクトリ
f2k = D:\foobar2000\foobar2000.exe

変数は、ahk で他の指定とかした後に書くとエラーが出たりする様子?なので、一番最初に書いておく。

;=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
; foobar2000[Win]+[Alt]+[p/n/b/Space/s/q]
;=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
#!p::Run,%f2k% /play
#!n::Run,%f2k% /next
#!b::Run,%f2k% /prev
#!Space::Run,%f2k% /pause
#!s::Run,%f2k% /stop
#!q::Run,%f2k% /exit

参考:コマンドラインからfoobarを操作する ( FAQ – foobar2000 Wiki )

追記:
変数使うと消費メモリがわずか増える様子。
なので、書き換える箇所が多いけど以下のようにしたほうがイイのかも。

;=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
; foobar2000[Win]+[Alt]+[p/n/b/Space/s/q]
;=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
#!p::Run, D:/foobar2000/foobar2000.exe /play
#!n::Run, D:/foobar2000/foobar2000.exe /next
#!b::Run, D:/foobar2000/foobar2000.exe /prev
#!Space::Run, D:/foobar2000/foobar2000.exe /pause
#!s::Run, D:/foobar2000/foobar2000.exe /stop
#!q::Run, D:/foobar2000/foobar2000.exe /exit