Eye-Fiとルーターについてあれこれ考えた

Eye-Fi Explore X2 を持っているのですが、ルーターを変更したらスンナリといかず色々困って試行錯誤したのでまとめ。

購入したルーター

購入したルーターは「エアステーション エヌフィニティ ハイパワー Giga 11n/g 450Mbps対応 無線LANブロードバンドルーター : WZR-HP-G450Hシリーズ | BUFFALO バッファロー」。プリンターとルーターをつなぐことで、LAN 内のどの PC からでも印刷ができるようになりとても便利。

その前は NAS にプリンターをつないで同様のことをやっていたのですが、プリンターと双方向の通信ができず、インク残量などが表示できないうえに印刷開始まで時間がかなりかかり、不便で。データ共有機能動作確認済みUSB用製品一覧 | BUFFALO バッファローを見て、このルーターに(※デバイスサーバー設定ツールを各PCに入れる必要あり)。

プリンターのインク残量も見れるし、印刷開始までの時間も早くなってとても満足していたんですが、Eye-Fi カードをつなごうとしたら問題が。

Eye-Fi を使おうとして困ったこと

まず、Eye-Fi をつなぐことが出来るネットワークは以下のようなものです。

  1. 2.4 GHz 帯域幅での 802.11b/g/n を備えた無線ルーター
  2. 無線 LAN セキュリティ:None、WEP 64/128、WPA-PSK、WPA2-PSK
    WEP Shared Key 及び WEP Transitional Security は両方ともサポート外。AESは不安定とのことで非推奨。
  3. ルータにファイヤーウォールが設定されている場合、port 80 および59278を開いておく。

参考)Eye-Fiカードに設定できるネットワークの基本仕様について << よくある質問 << サポート << Eye-Fi Japan

具体的にどんな問題があったかというと…

  • WPA/WPA2 mixed mode がメインルーターにあり、mixed mode では 暗号化も AES/TKIP mixed mode になるので最初はこれを使おうとした。が、どうにもつながらない。調べてみたところ、どうも mixed mode では Eye-Fi 接続はうまくできない様子。
  • ならばと WPA2 決めうちにして暗号化で TKIP を選ぼうとしたら、TKIP がなく AES のみ。WPA にしても同じ。どうもうちのルーター(WZR-HP-G450H)では、TKIP を mixed mode 以外では使えない…けど mixed mode も Eye-Fi はつながらない。ということは、WEP にしないといけない…さすがに Eye-Fi のために WEP にしてしまうのは、セキュリティレベル下がりすぎだし、これはちょっと避けたい。

そんなわけで、別の無線親機を用意することに。自室の有線 LAN がつながってる PC に購入した親機をさしました。

メインルーターが違う階にあり自室では電波が弱く、iPhone の Wi-Fi がたびたび切れていたので、ついでにこれも改善できてヤッターってところです。無線が快適に使える範囲が増えるのは良いですね-。

ちなみに、購入したのは「〈エアス テーション エヌフィニティ〉11n対応11g/b USB2.0用 無線LAN子機 ソフトウェアルーター機能付モデル : WLI-UC-GNM」。安いし良かったです。

雑感

それにしても、WPA か WPA2 決めうちの場合に AES しか選択できないのにはびっくりでした。TKIP 選べないのはちょっと不便だなあ。

もし Eye-Fi を利用するぞーと思ってる方は、ルーターで TKIP が使えるか調べてみておいたほうがいいですね。TKIP を使うのが Eye-Fi 目的のみなのであれば、安価な USB 子機兼親機 を購入するのもアリということで :)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です