Mumble メモ

TS2 より音がよくラグが少なく、Skype より軽い VC、Mumble の Windows でのサーバーの建て方、設定をメモしておきます。

まずはソフトを DL

  • Main Page – Mumble
    Ver1.1.5 とか Ver1.1.6 は地雷らしいので、Ver1.1.4 を DL しました(2008/11/20)。
    Download Source Code から過去のバージョンも落とせるので、1.1.4>Mumble-1.1.4.exe をダウンロード。
  • SQLite Database Browser
    設定をいじるときに使用。SOURCEFORGE PROJECT PAGES から DL。

インストールしたフォルダ内でさわるものは

  • Mumble.exe :クライアントソフト(サーバーをたてたりしないなら、これだけ使えば OK)
  • Murmur.exe :サーバーソフト
  • murmur.ini :サーバーソフトに読み込まれる設定ファイル
  • murmur.sqlite :サーバーソフトに読み込まれるデータベース

サーバーの設定をする

以下に出てくるファイルは、すべて Mumble のインストールフォルダ内にあります。

murmur.ini」に設定
メモ帳などテキストエディタで murmur.ini を開いて、以下の部分を設定。「#」が付く行はコメント。

# Welcome message sent to users
welcometext="<br />Welcome to this server running <b>Murmur</b>.<br />Enjoy your stay!<br />"
ログインしたときのメッセージ。
# Port to bind TCP and UDP sockets to
port=64738
Murmur で使用するポート。このままでも OK。ルーターや Firewall を設定して、ここで設定したポートをあけておくこと。※TCP/UDP 両方外部から接続可能にしておく。
# Password to join server
serverpassword=
サーバーに接続するためのパスワード。指定しなければ、パスワードなしで接続するようになる。
# Maximum bandwidth (in bytes per second) clients are allowed
# send speech at.
bandwidth=5000
クライアントから送信される最大データ量。byte?
# Maximum number of concurrent clients allowed.
users=50
サーバーに接続できる最大人数。

サーバー管理者設定、ユーザーの設定

murmur.sqlite」に設定
DL しておいた SQLite Database Browser で murmur.sqlite を開く。

★SuperUser のパスワードを設定
「Browse Data」タブ>「Table:」で players を選ぶ>「name」が SuperUser の行(通常 1 行目)の、「pw」を指定する>「Save Databese」で保存

ちなみに、SuperUser とはサーバー管理者のことです。今指定した pw が、サーバー管理者のパスワードです。

★ユーザーの登録方法
ユーザー登録しなくても Mumble を利用することは可能ですが、何か権限を持ったユーザーを作りたい時は「権限を与えたいと思っているユーザーの名前」をあらかじめデータベースに登録しておく必要があります。

私はデータベースにユーザー登録をしてないユーザーにサーバー管理者権限を与えようとして、しばらく悩みました・・orz データベースに登録したユーザーは、最後にいたチャンネルの情報が保持されたりもします。

「Execute SQL」タブ>「SQL string:」のテキストボックスに以下の内容を適宜変更して入力>「Execute query」ボタンを押す

▽Mumble 1.x 系の場合の設定

▽Mumble 2.x 系の場合の設定

Error message from database engine: にエラーが出ていないようであれば、成功してるはず。
「Browse Data」タブ>「Table:」で players を選ぶ>今登録したユーザー名があれば OK!>「Save Databese」で保存

★サーバー管理者を name : SuperUser 以外にも指定したい場合
データベースにユーザー登録をした後で、SuperUser で Mumble にログインして「チャンネル>ACL 編集」を開く>グループタブ>グループ「admin」を選択>ユーザー登録してあるユーザー名を入力して追加ボタンを押す>名前が追加されれば OK

Mumble の設定

クライアントソフトの設定。

★接続設定
メニューの「サーバー」>「接続」>「お気に入りサーバー」タブに以下のように設定。

ラベル
好きなもので。分かりやすければなんでも OK。
アドレス
サーバーをたててる人は常に「127.0.0.1」。
それ以外の人はサーバーの IP アドレスとかを聞いて入力。
ポート
murmur.ini の設定を変えてなければ 64738 で。
ユーザー名
DB にユーザー登録をしてもらってる人は、そのユーザー名を。
それ以外の人は自分のニックネームとかで OK。
パスワード
DB にユーザー登録をしてもらってる人は、その登録パスワードを。
それ以外の人は、murmuri.ini に指定したサーバー接続用のパスワードを入力。
サーバー接続用のパスワードがない場合には空欄で OK。

設定がすんだら、「接続」を押せば接続できるはずです。

★その他、Mumble のやっておくべき設定
「オーバーレイの有効」を外す。
ゲームによってはチート扱いされたり重くなったり使わないほうが賢明みたいです。

メニューの「設定」>「設定」>「Mumble の設定ウィンドウ」が開くので、左下の「上級者向け設定」にチェックをつける>左のメニューが増え「オーバーレイ」が出てくるので、この「オーバーレイ」を選択>右側「オプション」部分にある「オーバーレイを有効にする」のチェックを外す>「OK」を押して設定保存

導入参考、参照、引用元記事

とても参考になりました。ありがとうございます。

4件のコメント

  1. >UG0 さん
    ああっ!!;;
    サイト名ではなくMumbleになってますね、ごめんなさい…!
    サイト名に修正しておきます!!申し訳ないです~(´;ω;`)

  2. なんで、1.1.6 と 1.1.5が地雷なんでしょう?
    理由も書かずに地雷とか書くにはどうかと思うんですが・・・

  3. >通りすがりさん
    理由は 2 つほどあります。

    1) 私が導入する際に見たサイト、スレッド内で
    「1.1.6や1.1.5は安定していないため、安定版の1.1.4を利用している」
    と書いている人が多かったため

    2) 最初に最新版の1.1.6をインストールして使用した際に
    原因不明で固まって落ちてしまうことが数回あったが
    1.1.4 をインストールし使用してみたところ落ちることがなかったため

    以上 2 点の理由で書いていました。
    1.1.5 に関しては落ちる状態が起きて調べた際に
    最新版の 1.1.6 と同様で安定していないとよく見かけたので
    私自身では使用していません。

    自分が導入しなおす際にどのバージョンが安定していたか等、
    思い出すためのメモ書きのつもりで要点だけ書いていたのですが
    最初からちゃんと書いておくほうがわかりやすくてよかったですね。
    ご指摘ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です