MACでWindowsを動かす?

Intel CPUを搭載したMacでWindows XPの起動を可能にするツールが登場した。といっても「Windows XP on an Intel Mac」プロジェクトの「XOM」のことではなく、リリースしたのは本家Apple Computer(以下、Apple)。この「Boot Camp」はまだβ版だが、いずれ正式に次期Mac OS X“Leopard”に付属するとなれば期待してしまう。さっそくこれを使ってみたので速報という形で紹介しよう。

ITmedia +D PCUPdate:もうみんなMacを買えばいいと思う――
Apple純正「Boot Camp」をさっそく試した (1/3)
』より引用

なんだってー!
MAC が Intel CPU を搭載したモデルを出し初めてから、こういうこともいずれ視野に入るだろうと思ってはいたけど、早かったなあ。しっかり調べてみたら、簡単なゲームくらいなら動きそう!

今手元にある Power MAC G4 の最後のモデルを手放して、Intel CPU 搭載モデルを買ってしまいたい衝動にかられました。
私のもってる G4 は、OS 9 と OS X のデュアルブート可能最後のモデル(現モデルは OS 9 は起動できない)。
当時は OS 9 環境が捨てられなくて、G5 じゃなくてあえて G4 を買ったんだけども。
今となっては OS 9 が起動できなくても、さして問題じゃあないなあ。

さっそくソフマップあたりで査定してみる。買取上限価格が13万強。うーんうーんうーん@@
多少キーボードの汚れとかで引かれるとして、10万程度いくだろうか。でもメモリ増設してあるんだよなー。
256MB + 512MB にした気がするから、512MB のメモリ分、査定でプラスにならないかしら。

もし買い換えるとして、Intel CPU を積んだ機種で手ごろ価格なものは
Mac mini
あたり。ドライブは BUFFALO の外付けタイプで DVD+R DVD±RW/CD-RW あたりはいけるから、SuperDrive じゃなくてコンボドライブでもいっかな~。モニタは先日買ったやつが、切り替え可能タイプなので快適そうだ。

近くのホームセンター内にソフマップがあるから、Mac の中のデータをバックアップ取って明日にでも査定にもっていきたいところ。バックアップがなにより面倒なんだけども!WindowsXP を MAC 用に 1 つ購入しないといけないなぁ。

こういうの考えてるときって楽しいなぁ(*´¬`)

参考

【必要なシステム】
Boot Campを利用するためには、IntelベースのMacとUSBキーボードおよびマウス、または内蔵キーボードおよびトラックパッド、Mac OS Xバージョン10.4.6以降、最新のファームウェアアップデート、起動ディスク上に最低10GBの空きスペース、記録可能なブランクのCDまたはDVD、そしてシングルディスクバージョンのWindows XP Home EditionまたはProfessional(いずれもService Pack 2以降)が必要です。


アップル、Boot Campを発表

』より引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です